2018年12月15日(土)

神奈川県、ライフイノベーションセンター開所式

2016/8/25 20:55
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は25日、川崎市の殿町地区に整備した再生細胞医療の集積拠点「ライフイノベーションセンター」の開所式を開いた。これまでにリコーなど20の事業者の入居が決定。床面積ベースで9割が埋まったという。黒岩祐治知事は「再生細胞医療の世界最先端の人々が集まった。最先端の医療、技術を追求して経済のエンジンを回し、超高齢社会という課題を乗り越えたい」と述べた。

同センターは今春、完成した。地上4階建てで延べ床面積は1万6000平方メートル。遺伝子治療の臨床開発を手掛けるタカラバイオや、がんの免疫治療薬の研究開発をするグリーンペプタイドなどが入居を決めた。

県は入居者間の交流を促すことで、新たな研究やビジネスを生み出していきたい考えだ。リコーの三浦善司社長は「1社でできることは限られる。国内外の企業などと連携し、神奈川発の事業を実現させていきたい」と述べた。

交通の利便性も売りにする。2020年には多摩川の対岸にある羽田空港とセンター周辺が橋で結ばれる予定だ。黒岩知事は「他にも再生細胞医療の集積拠点はあるが、(同センターは)研究を積み上げるのではなく、産業化、商品化に焦点をあてている。国際空港に近く、再生細胞医療の世界の拠点になる」と期待を述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報