/

小池都知事「予算の議会復活枠を廃止」

東京都の小池百合子知事は25日の記者会見で、豊洲市場(東京・江東)で土壌汚染対策の盛り土が行われなかった問題を巡り、関係した歴代幹部職員を懲戒処分したと明らかにした。トップとして自ら減給する意向も表明した。また都の予算編成のやり方を変更し、都議会による復活折衝を廃止することも明らかにした。主な発言とやりとりは次の通り。

「予算編成のあり方を見直す。私も出席し、都民や各種団体の皆さんから広く意見を聞く機会を12月上旬から中旬に設ける。編成過程をオープンにし、長年の(都議会各会派の要望に基づく)『政党復活予算』は前回で終わりにする。情報公開も徹底する。年明け早々に知事査定し、予算案は1月下旬に発表する」

「豊洲市場整備に関して本日、職員を懲戒処分した。整備方針に反する行為を必要な手続きを踏まずに決め、都議会での答弁など事実と異なる説明をしてきたのは信用失墜行為に当たる。地方公務員法に基づいて懲戒処分の対象とした」

「市場長職にあった4人は6カ月または3カ月間、5分の1減給。部長級職員は最大6カ月間、5分の1減給とした。対象は計18人で、内訳は現役12人と退職者6人。退職者は職員としての身分を失っており、処分対象にはならない。処分相当額の自主返納を求める。退職した市場長は責任を重く受け止め、(都が指導監督する)監理団体の役員を退任する」

「関係者、都民に大変なご迷惑をかけ、改めておわびしたい。私の着任前のことだが、現在都政を預かる者としてけじめを付ける。給与をさらに5分の1、3カ月間減額する。ひとつ区切りを付けたいが、失った都民の信頼は大きい。都政改革を進めたい。なお今後(懲戒処分と別に)人事上の措置を講じることもある」

――豊洲市場の実施設計時の中央卸売市場長だった中西充副知事が辞任の意向と報じられている。

「本人からは最初の内部検証報告書の頃から責任を感じているとたびたび話しがあったが、今やっていただきたいことも多々ある。ただ今回の処分対象にはなっている」

――自らも減給する判断に至った理由は。

「起こったのが就任以前だとしても行政の長としてけじめをつけるべきだ。職員の皆さんにも改めて責任を感じてほしいという思いを込めた。当時任にあった方々には懲戒処分ではなく、人による濃淡はあるが、何らかの責任を感じて対応してほしい。同じ思いを抱いていただけるか分からないが、私なりの結論だ」

――懲戒手続きには通常もっと時間がかかると聞く。

「ケースによる。決して早すぎることはない。市場関係者からすればすべて遅すぎると思われていると思う。私はこの時期に処分をしなければならない行政の長として非常に苦しい」

――行政の長としての責任というが、当時の石原慎太郎元知事には対応を求めるのか。

「当時関わった方々はご本人たちが責任を認識しているのではないか。どう対応するかはこれからの反応を待ちたい。(石原氏は)普通のリーダーであれば、その責任についてよくご理解されているのではないか」

――予算編成の見直しで、政党復活予算の枠はなぜ廃止するのか。

「都民を代表する都議会の皆さんからもきっちり意見を聞く。ただ全部を丸投げし、そのなかで予算を変えていくのは(検討過程を)もっと明確にしていく必要もある。長年都政の伝統とされてきた部分だが、ここを大きく変えるのがひとつの都政改革だ」

――都議会でも各種団体から要望を聞く役割を果たしてきた。知事と議会の役割分担は。

「ともに都民を代表するのが知事であり、議会だ。役割分担はそこには生じない。予算編成権は知事にあるのを確認しつつ、都議会からも声を聞かせていただく。他の道府県で普通に行っている流れを確保したい」

――2020年の東京五輪・パラリンピック会場の見直しで国際オリンピック委員会(IOC)などとの4者協議が迫っている。検討状況は。

「都として大会が終わった後のコスト、建築費など問題意識があり、検証してきた。デッドラインも迫るなか、複数案をもって協議に臨みたい。目指すのは20年大会の成功で共通している。4者でできるだけ早く大会の本格的な準備に入ることが必要だと思う」

――全国知事会議で東京23区に大学学部の新増設を抑えるように決議する動きがある。

「大学は自由なそれぞれの校風のなかで学術研究や人材育成を担ってきた。大学の経営にも影響を及ぼすと懸念する。地方創生の観点でも地方の大学の魅力をいっそう高めるのが重要だ。東京対地方の構図には当てはまらない。この決議を是とするものではない」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン