速報 > 地域ニュース > 東北 > 記事

アルツハイマー病で共同研究 慶大発のHMT、米国立研と

2016/10/26 7:00
共有
保存
印刷
その他

 慶応大発ベンチャーのヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT、山形県鶴岡市)は米国の研究所と、アルツハイマー病の仕組みの調査・研究や、アルツハイマー病の目印になる物質「バイオマーカー」を探索する契約を結んだ。

 同社の米子会社(マサチューセッツ州ボストン)を通じて、米国立衛生研究所(NIH)傘下の米国立老化研究所(NIA)と共同で進める。

 アルツハイマー病は症状を抑え進行を遅らせる治療薬は開発されているが、根本的な治療や予防法は確立していない。

 HMTはNIAから提供された脳の検体を使って、HMTが開発したキャピラリー電気泳動質量分析装置で、代謝物質の種類や濃度を網羅的に分析・解析する。アルツハイマー病の発症のメカニズムの解明や、発症の際に目印となる特有のバイオマーカーを探す。バイオマーカーが見つかれば早期診断などができるようになる。

 HMTでは、今回の契約で米国立機関からHMTの独自技術の価値が認められたとして、キャピラリー電気泳動の他分野への普及が加速すると期待している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報