/

この記事は会員限定です

千葉大、全国の自治体に未来予測を提供

[有料会員限定]

千葉大学は全国の自治体を対象に、2040年の人口や産業構造、社会インフラの維持費などをシミュレーションする取り組みを進める。自治体の総合計画づくりや、市民が地域の将来像を考える素材として役立ててもらうのが狙い。中高生らを対象にした教育事業の一環で、若者に議論を通じて政策提言してもらうなど、社会参加意識の向上を促す。

シミュレーションは「未来カルテ」と名付け、千葉大大学院の倉阪研究室が手掛ける。対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン