/

千葉市が「男性保育士活躍プラン」 男性更衣室の整備など促進

千葉市は市立保育所に勤める男性保育士の「活躍推進プラン」をまとめた。男性用更衣室の整備を促進したり、保育士を目指す男子学生への働きかけを強化したりすることが柱。保育士が性別に関わらず、平等に能力を発揮できる環境を整える狙いだ。2017年度から10年間を計画期間と位置づける。

プランでは男性保育士のキャリア形成のため、保育関連施策を担う市役所のこども未来局などへの配属を進める方針を明記。現在はゼロの男性保育所長を22年度までに1人、27年度までに5人に増やす目標を掲げた。男性用トイレの整備促進や、男性保育士による父親向け育児講座の開催なども盛り込んだ。

千葉市の男性保育士数(正規職員)は16年4月1日時点で50人と、女性の1割以下となっている。熊谷俊人市長は「育児の中で男性だから担える重要な役割がある」と指摘。女児の保護者から男性保育士による着替えを拒む要望があったことを踏まえ「社会として男性保育士への理解が進む状況をつくりたい」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン