地ビールのヤッホー、樽管理にバーコード活用

2016/8/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地ビール大手のヤッホーブルーイング(軽井沢町)は、出荷する樽(たる)の管理に関して、アップル子会社のファイルメーカー(東京・港)などと新システムを開発・導入した。従来樽ごとの番号で管理してきたが、タブレット端末を活用したバーコードによる管理手法を導入し、作業員の番号確認の手間を省いた。大量に出荷する夏場には番号確認の誤りで樽の誤配や紛失が発生していたが、大幅に改善。今後は独自のシステムの他社への…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]