仙台市長選、自公が敗北 野党系の郡氏が初当選
安倍政権に痛手

2017/7/23 22:39 (2017/7/23 23:07更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う仙台市長選は23日投開票され、無所属新人で民進党など野党が支援した元民進党衆院議員の郡和子氏(60)が初当選した。自民、公明両党が支持した冠婚葬祭会社社長の菅原裕典氏(57)ら無所属新人3氏を破った。事実上の与野党対決の構図となり、自民党は惨敗した東京都議選に続く連敗で、安倍政権に痛手となる。

投票率は44.52%で、過去最低だった前回の30.11%を14.41ポイント上回った。

23日、仙台市長選で当選を決め市内の事務所で万歳する郡和子氏(中央)=共同

23日、仙台市長選で当選を決め市内の事務所で万歳する郡和子氏(中央)=共同

郡氏が勝利したのは、有権者が抱く安倍政権への強い不信感のあらわれだ。郡氏は民進、社民両党の県連が支えた実質的な野党統一候補。野党陣営は政権批判票を取り込むため、民進党などの国会議員が次々に応援に入った。

学校法人「加計学園」を巡る問題での安倍政権の対応などを強く批判し、追い風にした。都市部に多い無党派層の支持を得たとみられる。衆院議員としての経験や知名度も生かして幅広い支持を集めた。

菅原氏は自民党宮城県連や公明党県本部などが支援した。菅原陣営は政権批判の高まりから政党色を出しにくい選挙戦を強いられた。

地域政党「都民ファーストの会」が大勝した都議選と違い、今回の市長選は国政政党どうしの戦い。それだけに与党へのダメージは大きい。30日には横浜市長選の投開票が控え、10月の衆院愛媛3区の補欠選挙も与野党対決となる見通し。敗北が続けば、秋の臨時国会で首相が自民党に提出を指示した憲法改正案の取りまとめ作業などにも影響しかねない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]