/

石勝線・根室線の特急 4カ月ぶりに運転再開

8月の台風被害で橋梁などが壊れ、トマム―芽室間が不通となっていたJR北海道の石勝線・根室線の特急列車が22日、約4カ月ぶりに運転を再開した。一番列車となる「スーパーとかち2号」は午前6時45分に帯広を出発し、定刻の午前9時33分に札幌に到着。沿線の各駅では再開を祝うイベントなどが開かれた。今後は1日22本の特急列車を被災前と同じダイヤで走らせる。

石勝線・根室線は主に農産物を運ぶ貨物列車も通るため、日本貨物鉄道(JR貨物)も同日午前、札幌と帯広・釧路方面をつなぐ列車の運行を再開した。トラックやチャーター船による代替輸送は終了した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン