静ガス、帝人系から電力調達

2017/3/23 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡ガスは帝人から大口の電力調達に踏み切る。帝人子会社の東邦テナックス三島事業所(長泉町)は、50億円超を投じて新設した自家発電設備の余剰電力を静ガス子会社に販売する。調達量は静ガスの現在の電力供給能力の約3割にあたる9000キロワット規模となる見通し。静ガスは今後も県内大規模工場など地元からの調達を増やし、高効率で災害にも強い電力の「地産地消」を進める。

静ガスは東邦テナックスが設置するガスタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]