2019年3月25日(月)

国の地理的表示「GI山形」の酒で海外開拓

2016/12/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

山形県酒造組合(山形市、仲野益美会長)は22日、県産の清酒が「山形」として国が保護する地理的表示(GI)に指定されたのを受けて、東京・虎ノ門で記者会見を開いた。新たに用意した「GI山形」のシンボルマークを認定酒に貼るなど活用。全国への売り込みを強化するほか、海外市場を積極的に開拓していく考えを示した。

地理的表示は高い品質をもった産品の地理的な名称を保護する制度。知名度やブランドイメージ向上にもつながる。「山形」は国税庁から16日指定を受けた。組合では県産米を使ったご当地色の強い酒から出していく方針で、来春から出荷される。

認定酒に貼るシンボルマークは、蛇の目と一升瓶を組み合わせてGIをイメージさせるデザイン。組合ではマークを瓶に貼って海外に出荷して、山形の酒を世界にアピールする活動を最優先に取り組む。日本貿易振興機構(JETRO)と協力して海外でのイベント開催も企画している。

日本酒で県単位初の指定となったことについて、組合の和田多聞相談役は「杜氏(とうじ)もいない県だったが、県内の酒蔵が協力して人材育成、技術向上に努めた人的要素が大きかった」と振り返った。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報