/

この記事は会員限定です

大手不動産、新街区でにぎわい創出 大手町・虎ノ門・六本木

[有料会員限定]

大手不動産会社が東京都内で新たに開発した街区のにぎわい創出に力を入れている。森ビルは2020年東京五輪に向け、新橋と虎ノ門を結ぶ「新虎通り」を日本各地の文化の発信拠点に育てる。三菱地所は冬の風物詩であるイルミネーションを今年から大手町にも広げる。街の魅力を高め、テナント企業や来街者の誘致に弾みをつける。

森ビルは大型複合施設「虎ノ門ヒルズ」前を通る新虎通りを日本文化の発信拠点にする方針だ。第1弾として、同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン