/

この記事は会員限定です

乳製品の副産物や廃棄物 バイオマス発電や肥料、スイーツにも

[有料会員限定]

品質が劣るため流通に回らない生乳や、乳製品工場から出る残りかすは、高い熱量や栄養分を持つにもかかわらず多くが廃棄処分となる。日本の生乳生産の半分を占める北海道で、そうした乳由来廃棄物を有効利用する動きがでてきた。燃料源として発電に活用したり、栄養価の高い肥料にしたりと、新たな価値を見いだす動きが広がる。

産業廃棄物処理業のDISPO.(ディスポ、帯広市)は、廃棄牛乳を主な燃料源としたバイオマス発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン