/

焼津水産化学、糖類「フコース」の体重抑制効果確認

焼津水産化学工業は21日、昆布などに含まれる糖類の一種「フコース」に体重の増加を抑制する効果があると発表した。肥満のマウスにフコースを与えたところ、体重や内臓脂肪量を減らす効果が認められた。

東京大学大学院農学生命科学研究科の潮秀樹教授と共同で研究し、19日に京都府で開かれた学会で成果を発表した。フコースが肝臓の遺伝子に働きかけ、脂質の分解を促進。高カロリーのえさを与えても、一定の内臓脂肪量の増加を抑える効果があったという。

安全性も確認しており、2017年度中にフコースのサプリメントや健康食品としての製品化を目指す。海藻類を原料にして製造する方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン