/

渋谷区 「ご近所SNS」活用でITベンチャーと協定

東京都渋谷区はITベンチャーのプロパー(東京・目黒)と地域限定型交流サイト(SNS)の活用に関する協定を結んだ。プロパーが運営するSNS「マチマチ」を使い、区の情報を発信したり、住民向けアンケートを実施したりする。近所の住民同士や住民と行政をつなぐ手段として活用し、地域コミュニティーを活性化させる。

協定の柱は「情報発信の効率化」「住民参加の促進」「防犯・防災の強化」の3つ。マチマチは利用者が地域を設定することで、病院や保育所、店舗や習い事など近所の口コミ情報を得られるのが特徴だ。渋谷区はマチマチで区の情報を発信したり、区民向けにアンケートを実施したりする。

プロパーの六人部生馬・最高経営責任者(CEO)は「地域のあらゆるものを(SNS上で)可視化し、誰もがアクセスできるようにする。困っている人同士が助け合える」と強調。渋谷区の長谷部健区長は「この街のコミュニティーを活性化させるものになれば」と期待を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン