芦別の工場 生産能力倍増 大旺鋼球製造

2017/9/22 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベアリング部品の鋼球を製造する大旺鋼球製造(大阪府八尾市)は十数億円を投じ、北海道工場(芦別市)の生産能力を2倍にする。設備が老朽化した八尾工場を3月に売却。その利益などを使って生産設備と人員を北海道に集約して生産効率を高める。製品は主にベアリング大手の北日本精機(同)に納入し、輸送コストも削減する。

北海道工場の拡張工事に既に着手した。12月上旬に竣工し、2018年3月の稼働を予定する。拡張後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]