原発被災地で創業支援 先輩起業家が視察ツアー企画

2017/3/22 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故の被災地で活躍する起業家らが現地の創業支援へ連携を始めた。18、19両日には首都圏などから約20人が参加した視察ツアーで、2016年7月に大部分の避難指示が解除された福島県南相馬市の現状や課題を伝えた。今後も有志による「フロンティア・ベンチャー・コミュニティ(FVC)」として活動していく。

仮設スーパーやガラス工房などを運営する小高ワーカーズベース(南相馬市)の和…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]