/

この記事は会員限定です

秋田のエダマメ、アジアに試験輸出 シンガポールや香港

[有料会員限定]

秋田県産エダマメのアジアへの試験輸出が広がっている。リサイクル事業などを手掛ける東商事(秋田県大仙市)が農産物の輸出販売事業に参入し、シンガポールに初めて出荷。秋田県も農業協同組合(JA)を通じて香港やシンガポールへの出荷を始めた。まず販促と市場調査が目的だが、安定した販路の確保にはコスト削減や食習慣の定着など課題も多い。

東商事はメッキ加工の東電化工業(同市)の若泉裕明社長が個人で出資して設立し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン