川内原発1号機、フル出力運転を延期 機器の不具合で

2015/8/21付
保存
共有
印刷
その他

九州電力は21日、再稼働した川内原子力発電所1号機(鹿児島県)の機器の不具合が原因で、25日に予定していた100%のフル出力での運転を延期すると発表した。原因を特定する作業に1週間程度かかるため、9月上旬に予定している本格的な営業運転も遅れる可能性がある。原子炉やタービンに問題はなく、電気の供給は続ける。

川内1号機は14日から発電と送電を開始して出力を段階的に高めていた。再稼働の工程が遅れる不具合は初めて。21日は出力を75%から95%まで引き上げる予定だったが、出力上昇の中断を発表した。タービンを回した後、蒸気を冷やして水に戻す復水器内に海水が入っていたのが原因だ。

同社によると、20日午後2時20分ごろに復水器にたまった水を次の系統に送る復水ポンプの出口で、水質を管理する計器の警報が鳴った。調べたところ、復水器に微量の海水が混入していたことが21日に判明した。通常は海水は混ざらない。

脱塩装置で不純物を除去しており、全体の運転に影響はない。他の復水器を使って現在の出力は維持できるが、出力の上昇は一時見合わせる。

原因を特定し、修理する作業に1週間程度かかる。九電は「安全確保を最優先に工程を慎重に実施する」と説明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]