2018年6月25日(月)

秋田県の高卒就職率、18年ぶり100%

2016/6/21 7:00
保存
共有
印刷
その他

 秋田労働局は20日、2016年3月に県内高校を卒業した新規高卒者の5月末時点の就職決定率が、1998年以来18年ぶりに100%を達成したと発表した。製造業を中心に求人が増え、県内求人倍率は記録のある97年以降で最高の2.38倍に達した。労働力人口の減少が課題の秋田で、高卒者の獲得競争が激しさを増している。

 県内の新規高卒者の求人数は前年同期比336人増の3684人で、飲食店・宿泊業を除いた全業種で求人が7~16%増えた。就職希望者数は2319人で、全員の就職が決定。ただ県内就職割合は66.7%で、前年同期から0.2ポイント減った。

 秋田労働局の担当者は「学校と連携してきめ細かく支援した結果と受け止めているが、県内就職割合が70%を超えるように努力したい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報