埼玉高速鉄道、前期純利益26億円 2期連続黒字

2017/6/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県などが出資する第三セクターの埼玉高速鉄道の2017年3月期決算は純利益が前の期比30%増の26億円だった。最終黒字は2期連続。沿線の人口増で運輸収入が増えたほか、駅構内への保育所の誘致など地域密着の経営が功を奏した。15年に私的整理が成立して以降、自立経営による黒字体質への転換を急速に進めている。

経常利益は支払利息などの営業外費用が減り、63%増の24億円と2期連続の黒字を計上した。売上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]