/

この記事は会員限定です

五輪準備、各地で熱気 251自治体が選手団誘致に名乗り

[有料会員限定]

3年後に迫った2020年東京五輪・パラリンピックに向け、全国各地で準備が熱気を帯びてきた。キャンプ地の誘致などを通じて各国選手団との交流を進める「ホストタウン」制度には251自治体が登録。アスリートとの交流や外国人も利用しやすい施設の整備を通じて、訪日客の誘致や国際人材の育成につなげる。

1000人規模の選手団を送り込む米国が主要なキャンプ地に選んだのは東京都世田谷区。選手団のうち、選手やコーチら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン