訪日観光は手ぶらで 荷物をホテルや自宅に運送

2017/1/21 7:00
保存
共有
印刷
その他

お土産などで荷物が大きくなりがちな訪日外国人客(インバウンド)に手ぶらで快適な旅を楽しんでもらおうと、道内の複数の事業者が相次いでホテルや自宅への運送サービスの実証実験を始める。

有料で手荷物を空港やホテルで預かり、次の目的地や自宅に直接送り届ける仕組み。中華圏の旧正月(春節)やさっぽろ雪まつりの開催期間中の消費拡大や列車、空港の混雑緩和につなげる。

北海道旅客鉄道(JR北海道)の子会社、北海道キヨスク(札幌市)は20日、新千歳空港駅と札幌駅で荷物を預かり、当日中に札幌と登別、洞爺の3地域にある宿泊施設に届けるサービスを始めた。札幌駅では荷物の一時預かりも始めた。

北海道運輸局は24日から鶴雅グループの道内の4つの宿泊施設とセンチュリーロイヤルホテル(札幌市)に、日本郵便の国際便「EMS」の受付カウンターを設ける。訪日客は本国に荷物を直送できる。運輸局ではサービスの利用者ら約100人にアンケートを実施して、道内での訪問先なども把握したい考えだ。

春節や雪まつりの時期は札幌と新千歳空港や室蘭・函館方面を結ぶ列車内で、旅行客の大きな荷物が通路をふさぐ光景が見られる。空港でもチェックインカウンターで長蛇の列ができるため、配送サービスには混雑解消効果も期待されている。

実証実験はJRは2月12日まで、運輸局は2月20日までそれぞれ実施する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]