2018年11月14日(水)

岩手大、新たなAI技術開発 メンテ不要に

2017/6/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岩手大学の金天海准教授は新たな人工知能(AI)技術を開発した。ビッグデータの解析や機械の動作を予測することなどに利用する。現在一般的なディープラーニング(深層学習)に比べ精度を高めるためのメンテナンスが不要で、AIチップで様々な機械への搭載が可能になる。自動運転車やロボットなどへの活用が期待されている。

新技術は「ディープバイナリーツリー(DBT)」。人間の脳でいえば、反射的な反応ができる小脳に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報