/

この記事は会員限定です

栃木のプレ観光企画、集客手応えも周知など課題

[有料会員限定]

栃木県で4~6月に開かれた観光企画「プレデスティネーションキャンペーン(DC)」。1年後の大型観光企画の予行演習として、イベント集客や宿泊で一定の成果をあげた。一方、事前の周知や交通手段の確保などで課題も残った。

プレDCでは有力観光地である日光や那須以外でも、地域資源を生かした催しを用意して誘客に取り組んだ。

例えば県東部の益子町。イチゴ狩りができる観光農園が真岡鉄道の駅から約300メートルと近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン