2018年12月18日(火)

秋田にこそカジノを NPOが20年越し構想、行政は消極的

2017/1/21 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国会で昨年末、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)施設推進法(カジノ法)が成立した。20年前に構想を掲げ、秋田への誘致活動を続けてきたNPO法人イーストベガス推進協議会(秋田市)の長谷川敦理事長(43)は「人口減の秋田にこそ必要だ」と意を強くしている。ただ申請の主体となる行政は消極的で、県民を巻き込んだ議論に至っていない。

「秋田にラスベガスを作る」。長谷川理事長が大学の卒業旅行で訪れたラス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報