旧東海道でイベント続々 体験型や名所歩き

2017/1/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県内の旧東海道宿場町の活性化をめざすイベントが相次いでいる。旧街道を歩く人が増えている中、地域の歴史資産の見直しだけでなく観光資源としての魅力を打ち出すものが目立つ。今年はNHK大河ドラマという後押しもあり、首都圏など県外からの集客を狙っている。

静岡市は2月3日から3月5日まで市内にある旧東海道6宿場の暮らしや食、文化を伝える「駿河 東海道おんぱく」を開く。各宿場合わせて63の体験型イベン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]