/

この記事は会員限定です

ソフト開発のゾーホー、静岡県川根本町に進出

[有料会員限定]

外資系ソフト開発大手ゾーホーの日本法人、ゾーホージャパン(横浜市)は、川根本町にコールセンターを設ける。同町が誘致に成功した初のIT(情報技術)企業だ。2017年春に稼働し、開発機能も設けて要員を3年で10人規模に増やす。大都市圏に比べ拠点の維持費は3割以下になるとみられ、町は2年間で約4000万円を投じて誘致に本腰を入れる。

年内に1人を雇用し実証実験を始める。ゾーホージャパンの中沢仁事業長は「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン