速報 > 地域ニュース > 信越 > 記事

長野県の国有林、「主伐」が増加 成熟林を伐採 20年ぶり水準

2017/4/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 間伐が主流になっていた長野県内の国有林で、成熟した木を伐採する「主伐」が増加している。昭和30年代に植林したカラマツなどが樹齢60年超の主伐に適した時期を迎えたためで、2016年度は面積、収穫量ともに1996年度以来、20年ぶりの高水準になる見通し。従来は3年かけていた伐採と植林を1年で行う一貫作業システムの導入も広がっている。コスト低下が再造林への好循環につながりそうだ。

 県内国有林はかつて主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

コストダウン新島俊哉カラマツ長野県

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報