2019年6月19日(水)

茨城県、「常陸牛」の次世代種牛 子牛の9割超が最高等級に

2017/1/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

茨城県は県のブランド牛肉「常陸牛」向けに、次世代の種牛を育成した。この種牛の精子から生まれた子牛は9割超が最高等級の肉質に育つ。現在の種牛は4割にとどまるため、常陸牛の品質と生産効率を高められるとみている。今後10年程度は県内の畜産農家に精子を供給できる見通し。農家の収入を底上げし、高齢化による担い手減少に歯止めをかけたい考えだ。

関東地方では、種牛の研究・育成は民間団体が取り組む例がほとんどだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報