/

この記事は会員限定です

茨城県、「常陸牛」の次世代種牛 子牛の9割超が最高等級に

[有料会員限定]

茨城県は県のブランド牛肉「常陸牛」向けに、次世代の種牛を育成した。この種牛の精子から生まれた子牛は9割超が最高等級の肉質に育つ。現在の種牛は4割にとどまるため、常陸牛の品質と生産効率を高められるとみている。今後10年程度は県内の畜産農家に精子を供給できる見通し。農家の収入を底上げし、高齢化による担い手減少に歯止めをかけたい考えだ。

関東地方では、種牛の研究・育成は民間団体が取り組む例がほとんどだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン