2018年8月20日(月)

健康経営度「損益」で示す 協会けんぽ栃木支部

2017/5/19 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 全国健康保険協会(協会けんぽ)栃木支部(宇都宮市)は中小企業向けに、従業員の健康を増進し生産性を高める「健康経営」の度合いを測る新たな手法を開発した。健康診断の受診率などに加え、社内での取り組み内容を数値化。単年度の業績内容をみる損益計算書の形で示し、見えやすくする。2017年度は200社に導入し健康経営の普及につなげる。

 協会けんぽ栃木支部は、経営者が健康づくりに取り組むことを社内外に約束する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報