地域の高齢者 ITで見守り 防犯カメラや水道メーター利用

2015/10/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方自治体がIT(情報技術)を活用し、高齢者らを見守る試みが広がっている。兵庫県伊丹市は防犯カメラと無線を連動させ、高齢者の居場所を家族らに伝達。岐阜県郡上市は住宅の水道メーターの利用状況で安否を確認する。一人暮らしの高齢者の急増が予想される中、産業界でも見守りに役立つ機器やサービスの開発が活発になっている。

伊丹市は市内1千カ所に設置する防犯カメラに無線受発信装置を取り付け、高齢者の見守りに活…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]