/

この記事は会員限定です

東北電、太陽光の購入量が原発1基分に 安定供給へ実験

[有料会員限定]

東北電力が外部の太陽光発電設備から購入する電力の最大出力が100万キロワットに迫ることが分かった。出力規模は原子力発電所1基分。固定価格買い取り制度の開始に東日本大震災の被災地の復興本格化が重なり導入が広がる。ただ発電量が天候に左右され出力の変動が激しいなど乗り越えるべき課題も多い。

太陽光から買い取る電力の規模は6月末時点で95.4万キロワット。2012年度末時点では37.5万キロワットだったが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン