品川プリンス、ロボットが客室に荷物

2017/8/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

品川プリンスホテル(東京・港)は10月、客室に荷物を届けるロボットを導入する。歯ブラシなど軽量のものが対象で、エレベーターも使って客室まで移動する。宿泊客の利便性向上や業務の効率化につなげる。

客室から注文が入ると、スタッフがフロントに待機しているロボットの内部に荷物を入れる。ロボットはエレベーターの運行などを管理するシステムと連動。エレベーターに乗り、客室があるフロアで降りる。廊下などに置かれた障害物を避けながら客室まで向かう。客室に到着すると、電話で知らせる仕組みだ。

新たに導入するロボット「リレイ」は米シリコンバレーのベンチャー企業が開発。主にビジネス客の利用を想定している同ホテルの「Nタワー」に1台配備する。担当者は「新しいホテルの試みとして提案していきたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]