/

この記事は会員限定です

IWKベトナム、工場2.3倍に拡大 日系企業の需要増に対応

[有料会員限定]

柿沼製作所(群馬県千代田町)などがベトナムで共同出資する自動車部品加工等のIWKベトナム(ビンズオン省)は、自社工場の面積を2.3倍の約2300平方メートルに拡大する。現地での需要増に対応するとともに、新たに出資企業が製造した製品の現地販売も担う予定だ。早ければ11月にも着工し、2017年4月の完成を目指す。

IWKベトナムは、金属切削加工を手掛ける柿沼製作所のほか、自動車部品向けプレス加工などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン