第四銀・北越銀がメインバンクの県内企業63% 民間調べ

2017/3/18 7:00
共有
保存
印刷
その他

 東京商工リサーチ新潟支店は、経営統合を検討していることを明らかにした県内地銀の第四銀行北越銀行の取引企業に関する調査をまとめた。両行をメインバンクとする県内企業は全体の63%で、貸出金シェアは69%に達する。再編が寡占化につながる可能性もあり、両行の統合が円滑に進むかは不透明だ。

 大光銀行も含めた地銀3行と新潟県に地盤を置く9信用金庫・11信用組合の計23の金融機関を対象に集計した。

 県内の金融機関をメインバンクとする企業数は2万8925社。第四銀は全体の43%にあたる1万2323社、北越銀は20%の5917社を占めている。県外向けを含む貸出金残高(2016年3月末時点)の合計は6兆5139億円だった。第四銀は全体の45%の2兆9612億円、北越銀は23%の1兆5150億円だった。

 統合を巡っては公正取引委員会の審査もポイントになる。長崎県では県首位の十八銀行と、2位の親和銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループ(FG)の統合計画で、貸し出しシェアが約7割に達するとして待ったがかかった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 18:16
16:18
東京 22:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 21:43
21:39
北陸 9:46
2:00
関西 17:00
13:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
21:21
21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報