行田市がVR360度の動画を制作、自転車観光をPR

2016/8/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県行田市は、市内の遊歩道やサイクリングロードをストーリー仕立てでPRする360度のVR(仮想現実)動画「姫と逃げろ!」を制作した。利用が広がるVRだが、本格ストーリー物の動画は自治体で初めての試みという。市は自転車に乗ってゆったりと観光を楽しむ「ポタリングの町」を打ち出しており、最新技術を活用して広くPRする狙いだ。

VRは「バーチャルリアリティー」の略。「姫と逃げろ!」は、市の観光PRをす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]