/

新潟次期知事、原発再稼働「現状では認めず」 議論には含み

16日投開票の新潟県知事選で当選した米山隆一氏(49)は17日、新潟県魚沼市内で報道陣に対し、東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の再稼働について「県民の命や暮らしが守れない現状では認められない」と改めて慎重姿勢を示した。一方、公約に掲げた福島第1原発事故の検証が進むなど環境が整えば「あらゆる可能性を排除するつもりはない」と話し、再稼働の議論には含みを残した。

米山氏は選挙戦で福島事故の原因、健康と生活への影響、安全な避難方法の3つの検証がされない限り、再稼働の議論は始められないと訴えていた。同氏は今後、新潟県と東京電力ホールディングスが合同で設置した検証委員会などを通じて、福島事故の検証を進める考えを示した。

原子力規制委員会による柏崎刈羽原発の6、7号機の安全審査は終盤を迎えている。米山氏は同日、規制委の安全審査に合格したとしても、「規制委の基準は前提として、それに足りない部分を政府に伝えていく」と述べ、再稼働には慎重な姿勢で臨む考えも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン