/

この記事は会員限定です

農林業の獣害 食い止めろ 首都圏自治体

[有料会員限定]

野生動物による農林業被害を防ぐため、首都圏の自治体が新たな対策に乗り出している。千葉県が動物をワナで捕まえるマニュアルを作成するなど、捕獲作業の担い手を確保する取り組みが相次ぐ。神奈川県はドローンを活用した鳥獣対策の研究を始める。首都圏の獣害対策は地方に比べて遅れ気味。農業被害を抑えつつ、野生動物の都会への進出を防ぐねらいだ。

千葉県はワナを利用してニホンジカやイノシシを捕獲する初心者向けのマニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン