津軽海峡の養殖サーモン、生産量急増

2017/6/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青森県むつ市沖の津軽海峡で養殖した「海峡サーモン」が水揚げの最盛期を迎えている。引き締まった身とくどくない脂の乗りが好評で、下北半島の産品の最強ブランドである大間町のマグロの背中を追うように近年、生産量が急伸している。明日18日には水揚げ港の大畑漁港で恒例の「大畑海峡サーモン祭り」が開かれ、浜は今年一番のにぎわいを見せる。

11日に大畑漁港で開かれた即売会。この日早朝に水揚げされた新鮮な海峡サー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]