道内で企業内保育所の設置相次ぐ

2016/11/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

道内企業が相次ぎ、保育所の設置に動いている。人手が足りない小売業や食品製造業が積極的で、子育て中の従業員が働きやすい環境をつくり、優秀な人材の流出を防ぐ狙いがある。国は今春、保育所の整備費などを助成する「企業主導型保育事業」を創設し、東急百貨店札幌店は制度を活用する方針だ。人手不足と待機児童という2つの社会問題を解決する切り札として今後、企業内保育所が増えそうだ。

東急百貨店札幌店は来年4月にも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]