2019年6月16日(日)

早帰り商戦、首都圏の陣、「プレミアムフライデー」24日開始

2017/2/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

月末の金曜日に早期退勤を推奨し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」の開始を24日に控え、首都圏の商業施設やホテルなどが需要喚起策に知恵を絞っている。割安プランや女性向けサービスなどを用意し、PRに余念がない。早期退勤を徹底する職場はまだ限定的だが、月末金曜商戦を新たな商機とみて消費者を買い物やレジャーに誘導する動きは広がっている。

JRさいたま新都心駅近くの商業施設「コクーンシティ」(さいたま市)はテナント約80店が割引やポイントの倍増サービスで買い物客を呼び込む。

千葉市の幕張周辺ではホテルザ・マンハッタンが24~26日の3日間、30人限定の宿泊プランを用意。隣接する商業施設「三井アウトレットパーク幕張」の買い物券や直営エステの優待券などが付き、料金は1泊1人当たり7300円から。

レジャー施設の動きも活発だ。東京ドームシティ(東京・文京)の遊園地は24日、夜間割引パスポートの販売時間を前倒しする。通常は午後5時からだが、同3時から購入可能になる。

西武鉄道グループは西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)で24日に星空鑑賞会などを体験できる特別プラン(3000円)を設けた。西武線は通常ダイヤにない急行列車を同日限定で運行。午後5時12分に西武新宿駅を出発する西武遊園地駅行きで、誘客に一役買う。

横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)は月末金曜に、海鮮バーベキューの食べ放題と水族館入場券をセットにしたプランを通常より4割安い3000円で販売する。飼育員が魚やイルカなどの夜の過ごし方を解説する「大人のナイトツアー」(500円)も行う。

女性をターゲットにした販促策も目立つ。西武百貨店池袋本店(東京・豊島)は曜日限定サービスを始めた。金曜日は女性客から要望が多い眉のメークのコツを教える講座などを無料で実施。月末金曜に来店できない客もいるため、毎週行う。担当者は「週末の特別感を楽しむ場として百貨店を選んでほしい」と話す。

新横浜プリンスホテル(横浜市)も24日から毎月末金曜に、41階レストランの個室で女性限定プランを販売。横浜のブランド豚肉「はまぽーく」のグリルやパスタなどのコース料理と飲み放題が付き、料金は1人当たり8000円。

プレミアムフライデーを地域のにぎわい創出に生かそうと、自治体も動き出した。東京都港区は区公認の観光ボランティアが案内する麻布十番商店街の街歩きツアーを企画。区内に多い大使館などを巡るスタンプラリーへの参加も呼び掛ける。24日はブラジルやモルディブの大使館など12カ所が訪問可能だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報