2019年8月23日(金)

鹿島神宮がクレジットカード発行 年会費など祭りの資金に

2016/12/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)は2017年1月、クレジットカードの発行を始める。社紋をあしらったデザインで、鹿島神宮でおはらいをしてから利用者に渡す。利用額に応じた返礼品を送るなど特典も設ける。年会費は12年に1度開催される「御船祭」の費用や文化財の保護財源として使われる。新たな寄付の形として利用者を募る。

名称は「鹿島神宮カード」で、発行には三越伊勢丹ホールディングス傘下のカード会社、エムアイカード(東京・新宿)が協力した。年会費5千円の一般カードと、1万円のゴールドカードの2種類。

利用者はカードを提示すると一部施設の入場無料などの特典が受けられる。一般カードは200円で1ポイント、ゴールドカードは100円で1ポイントがたまる仕組みだ。5000ポイントがたまると、鹿島神宮から返礼品がもらえる。

発行の事前申し込みをインターネット上で始めた。31日から来年1月9日の期間は境内に特設カウンターも設けて申し込みを募る。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。