/

この記事は会員限定です

群馬、3年目の「すき焼き県宣言」

[有料会員限定]

文明開化とともに登場したすき焼き。日本独自の肉料理で、嫌いな人はほとんどいないのではないか。年末年始にすき焼き鍋を囲んだ方も多いだろう。

和牛、ネギ、シラタキ(コンニャク)、生シイタケ、春菊――。言わずと知れたすき焼きの具材だが、これらを全て県内でまかなえるとして群馬県が「すき焼き応援県宣言」をしたのは2014年9月。県ならではの名物料理、おもてなし料理がないのが悩みだった群馬県にとって、素晴らし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン