速報 > 地域ニュース > 関東 > 記事

神奈川県内景況感 3四半期ぶりプラス

2017/9/14 7:01
共有
保存
印刷
その他

 横浜財務事務所が13日発表した7~9月期の神奈川県内の法人企業景気予測調査によると、企業の景況感を示す景況判断指数(BSI)は全産業で1.0となり、3四半期ぶりにプラスに転じた。4~6月期から7.7ポイント上昇した。製造業の景況感が改善した。先行きBSIもプラスで、伊藤美月所長は「景気回復が続く見込み」と話す。

 BSIは景況が前の四半期に比べ「上昇」と答えた企業の割合から「下降」の割合を差し引いた値。調査は8月15日時点で、資本金1000万円以上の企業745社を対象に実施し、599社から回答を得た。

 製造業のBSIは7.3と、9.6ポイント上昇した。企業の設備投資意欲が旺盛なことや、中国など海外向けが好調で、生産用機械器具がけん引した。一方、非製造業は6.5ポイント上昇のマイナス2.6。マイナス幅は縮小したものの、小規模企業を中心とした小売業や、人手不足で人件費の負担が増えたことなどから建設業も振るわなかった。

 規模別では大企業が17.4ポイント上昇の9.5、中堅企業が16.0ポイント上昇の8.2とプラスだったが、中小企業は11.2ポイント下落のマイナス15.3だった。ただ、伊藤所長は「中小企業も先行きはプラスの見通しで明るい期待がもてる」と指摘する。

 2017年度の設備投資計画は全産業で上期に前年同期比1.0%減を見込むが、通期では5.6%増となる見込みだ。

 全産業の先行きBSIは10~12月期が6.5、18年1~3月期が2.2とプラスが続く見通し。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

BSI伊藤美月法人企業景気予測調査

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報