/

この記事は会員限定です

ホテル需要予測、繁閑で価格設定 シーザスが経営支援システム

[有料会員限定]

ソフトウエア開発のシーザス(仙台市)は、東北で伸び悩む観光産業を支援するため、オンラインのホテル需要予測システムの販売を始めた。過去の売り上げデータから予約動向を予測。繁忙や閑散などの日や時期に合わせた効果的な価格やサービスの設定につなげてもらう。初期費用は30万円でビジネスホテルや旅館での普及を目指す。

シーザスが販売するシステムは「UP-NAVI(アップナビ)」。宿泊データを管理する基幹シス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン