/

山陰合同銀、証券子会社設立

山陰合同銀行は13日、2015年1月をめどに証券子会社を設立し、10月に開業すると発表した。地盤の島根、鳥取の両県で事業を展開し、同行の4つの営業店に店舗を設ける計画だ。高齢者を中心に高まっている資産運用ニーズに応え、富裕層の顧客の囲い込みを狙う。本業である貸出金による収益が伸び悩んでいることにも対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン