2019年1月23日(水)

芦別市長辞職へ 公社の経営悪化で引責

2017/1/13 7:01
保存
共有
印刷
その他

芦別市の今野宏市長は12日、「芦別温泉スターライトホテル」などを運営する芦別振興公社の経営悪化の責任を取るとして、同市議会の日沼昇光議長に辞職願を提出し、受理された。市議会も同日の臨時市議会で市長の20日付の辞職に同意した。市長選は2月末までに行われる見通し。

臨時市議会では同公社への貸付金1億3000万円を含む一般会計補正予算案が可決された後、今野市長が日沼議長に辞職願を提出した。

同公社は芦別市の第三セクターで、ホテルの経営難が響き多額の負債を抱えている。今野市長が昨秋から社長を兼任している。元市議の今野市長は2015年4月の市長選で、同公社の経営再建を掲げて現職を破り初当選した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報