直虎ドラマ館、一番乗り 住民らに内覧会

2017/1/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

浜松ゆかりの戦国武将、井伊直虎が主人公のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」をテーマにした観光施設「大河ドラマ館」(浜松市)の開館を15日に控え、12日には近隣住民や関係者約2500人を対象とした内覧会が開かれた。

館内が初めて公開され、ドラマの撮影で実際に使った衣装や小道具を展示するブースや、初回の放送で登場した井戸の再現セットなどが人気を集めた。

大河ドラマ館の開業は15日から2018年1月14日までで、時間帯は午前9時~午後5時(最終入場午後4時30分)。期間中は無休だ。入場料は大人600円(前売り480円)、小中学生は半額。期間中に50万人の来場を見込んでおり、浜松市によると既に前売り券の予約や販売は目標の25万枚に達している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]