/

船旅イメージの温泉ホテル 星野リゾート、伊東に開業

星野リゾートは12日、伊東市に開業するホテル「界アンジン」の内覧会を開いた。海や船旅の世界観で統一した新感覚の温泉施設で、最上階8階に太平洋を一望する大浴場と湯上がり後にくつろげる展望デッキを設けた。地域性を重視した料理や体験プログラムと合わせて、国内客の掘り起こしを狙う。

同ホテルは2015年まで「アンジン」として営業していたが、高級温泉ブランド「界」として全面改装し、13日に開業する。県内では熱海、伊東、遠州(舘山寺温泉)に続く4軒目の界となる。全45室が海向きで、広さは39平方メートルと77平方メートル。料金は1泊2食付きで1人2万9000円から。

星野佳路代表は「安定した国内旅行の市場を重視する」と述べ、外国人客比率は10~15%程度を見込む。伊東市では日本庭園を持つ和風の「界伊東」に続く2軒目だが、計79室は「伊東のポテンシャルからみて大きすぎることはない」と指摘。両施設の異なる特長を生かし、高い客室単価を維持したい考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン