2019年6月19日(水)

木内建設、再生アスファルト増産 廃材利用率5倍に

2016/10/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

木内建設(静岡市)は新たな装置を導入し、道路向け再生アスファルトの生産能力を高める。新装置を使えば、再生アスファルトの利用率を従来装置の5倍にまで引き上げることができる。従来の再生材より1割程度価格が抑えられる見込みだ。公共工事の減少で道路舗装の市場環境は厳しく、同社はコスト削減などでアスファルト事業をてこ入れする。

約1億円を投じて9月、新たにアスファルト再生用の装置を稼働させた。これまでの簡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報